0. ワードプレスでブログを作る流れ

yukittyです。

一緒に稼げるブログを作っていきましょう。

ランキングに参加しています。
まずはポチッとお願いします。

今日は何位かな?

アフィリエイトをやるならワードプレスでブログを作った方がいいよ、って言われます。

でも、はじめはとっつきにくいですよね。

でも、そんなに複雑でもないのです。

一番シンプルな独自ブログ作成の流れを見ていきましょう。

スポンサーリンク

サーバーとドメイン

独自ブログを作るには、サーバーとの契約、そして独自のドメインが必要です。

サーバーって何?

ドメインって?

サーバーは、serverですので、供給者。

市役所みたいなイメージ。

サーバーと契約する=そこの市民になるみたいなイメージです。

市民になれば、インフラですとか、ゴミ収集とか、市のサービスが受けられますよね。

市民税の義務もあるけど。

ドメインは住所とか電話番号みたいなイメージでしょうか。

住所や電話番号で個人を特定できますね。

さらに、契約したサーバーと取得したドメインは、関連付けられていなければなりません。

個人の住所が居住する市(なり区なりの)役所にちゃんと住民登録されてあるような感じですね。

ともかく、

独自ブログを持つには最低限、

  • サーバーとの契約
  • 独自ドメインの取得

が必要です。

わたしの場合、

  • エックスサーバーで契約
  • お名前.comでドメイン取得

しています。

とりあえず、この2つが鉄板構成と言われます。

使っている人も多いので、問題が発生しても解決しやすいです。

これから独自ブログを作るなら、

「エックスサーバー」と「お名前.com」でいいと思います。

そして、サーバーとドメインの関連付け。

これがキモです。

バラバラでは用を足しません。

また、ここでエラーが出やすく、うろたえやすいのです。

でも、対処法はありますので大丈夫ですよ。

エラーが出ても、がんばってクリアしましょうね。

ワードプレスとテーマテンプレート

さらに、記事を書き込める状態になるには、

  • ワードプレスのダウンロード
  • テーマテンプレートのダウンロード

が必要です。

ワードプレスとは、ブログを作成するマシンのようなもの。

大工、工務店、建築家、不動産屋、その辺のイメージです。

作る人、サプライヤー、ですかね。

テーマテンプレートは実際の物件、ないしそのモデルみたいなものでしょうか。

どんな家にしたい?1階建て?2階建て?木造?鉄筋?四角?円筒状?地震に強い耐震構造?

色とかは、さらにテンプレートの「設定」で変更できますね。

サーバーとドメインを関連付けたら、

サーバーのパネル上でワードプレスのダウンロードに進めます(エックスサーバーの場合)。

ワードプレスをダウンロードしたら、

規定のテーマテンプレートがすでに有効になっています(使える状態)。

なので、サーバーからワードプレスをダウンロードしたら、

すぐにそのまま記事を書いて投稿することができます。

ただし、はじめにやっておいたほうがいい設定や、

テーマテンプレートの変更がありますので、まずはここまで。

テンプレートは無料のものなら、Cocoon(コクーン)がおすすめです。

テーマのダウンロード
Wordpressテーマ「Cocoon」の親テーマと子テーマのダウンロードページです。

初期設定については、別途解説しますね。

独自ブログ作成の流れ

まとめます。

ゼロからスタートするなら、

サーバーに契約する

独自ドメインをゲットする

サーバーとドメインを関連付ける

サーバーからワードプレスをダウンロードする

使いたいテーマテンプレートをワードプレスにダウンロードする

ブログの初期設定をする

おおまかに、以上のような流れになります。

 

いかがでしょうか。

疲れちゃいましたか?

始めはなんでも大変ですよね。

 

コツコツ、淡々と、できることから進めていきましょう。

1. サーバーとの契約とドメイン取得

2. サーバーとドメインの関連付け

コメント

タイトルとURLをコピーしました