【スマホ】LINEで友だち追加する方法(オススメは「QRコード」)

「年齢確認」ができない格安SIMを利用している場合、QRコードでの友だち追加が便利です。

「QRコード」を使った友だち追加は、自分のQRコードを読み取ってもらう、もしくは相手のQRコードを読み取るだけなので確実です。

LINEアプリ内にQRコードリーダーが備わっているため、手間もかかりません。

スポンサーリンク

iPhone画面上のQRコードを読み取る方法


アプリ
読み取り方メリットデメリット
Safari画面上から
直接読み取る
新アプリの導入は不要
QR画像の保存は不要
対応するQR種類が多い
iOS 11未満は使えない
LINE保存した画像から
読み取る
新アプリの導入は不要
iOSバージョンの条件なし
QR画像の保存が必要
対応するQR種類が少ない

QRリーダー
保存した画像から
読み取る
対応するQR種類が多いアプリの導入が必要
QR画像の保存が必要
スポンサーリンク

Safariで画面上から直接読み取る

Safariで画面上のQRを直接読み取ることができます。

iOS 11からSafari上で表示されるQRコードは、長押しメニューよりそのまま開けるようになりました。

保存してアプリで読み取る

Safariだけで完結できない場合は、別アプリを組み合わせる必要があります。

QRコード画像を端末へ保存し、読み取りアプリを使います。

おすすめの読み取りアプリは以下の2つです。

  • LINE
  • QRコードリーダー for iPhone

LINEアプリを使う

‎LINE
‎国内8,900万人※が利用するコミュニケーションアプリ「LINE」 「LINE」は、無料で友だちや家族と、トーク(チャット)・音声通話・ビデオ通話を楽しめます。 ユーザー同士であれば、国内・海外・通信キャリアを問わず、いつでも、どこでもリアルタイムのコミュニケーションができます。 なお、「LINE」は、2011年6...

LINEで 友だち追加 画面から QRコード をタップします。

QRコード読み取り画面になります。

右上サムネイルをタップして、端末に保存したQRコード画像を選択します。

QRコードを読み取ってくれるので、リンクを開くことができます。

現バージョンであれば、ホーム画面上のLINEアイコンを軽く押し込む(=3D Touchを利用)ことで、QRコードリーダーをすぐ起動できます。

LINEアプリでうまく開けない場合は、「共有アイコン」より「他のアプリ」へ進み、QRコードを開くアプリを選択できます。

QRコードリーダーを使う

QRコードリーダー for iPhoneではLINEアプリでうまく読み取れないQEコードも認識してくれます。

新たにアプリ導入が必要な上、画像を端末に保存する手間もありますが、対応するQRコードの種類が多いため、代替手段としてオススメです。

Safari、LINEアプリでうまく行かない場合に試してみてください。

‎QRコードリーダー - QRコード読み取り
‎「QRコードリーダー for iPhone」はiPhoneのカメラを使って、雑誌やパンフレットに印刷されているQRコードを読み取るためのアプリです。 アプリを起動するとすぐにカメラが立ち上がりますので、少ない操作でQRコードの読み取りができるようになります。写真アルバムの画像からQRコードを読み取ることも可能です。...

<参考>
スマホ画面上のQRコードを読み取る方法! 保存した写真やスクショ画像から認識しよう [Android/iPhone]
LINEで友だち追加する方法まとめ オススメは「QRコード」で連絡先交換

コメント